FC2ブログ
   
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

いつもご訪問ありがとう♪本当に感謝しています!!

<ランキングに参加しています>

毎日ポチッと押してください☆
1日1回有効です、応援よろしくお願いします♪


にほんブログ村

本当の音楽とは?音の見える化で問いかける☆

季節はずれですが、

日本の風景を大切にしたい想いから

「赤とんぼ」を見える化シリーズ第1弾に選びました


日本の音楽の現状に問いかけたい・・・

特に、音楽教育の面から変えられれば、

というのがきっかけです。


楽譜を読んで演奏することが音楽じゃない!!

色んなジャンルの音楽があり、

教える側も、そうでない側も、

魅力を知り、個人の向き不向きを察知して

良い道へ導くことができたら。


気難しそうに演奏しているクラシック演奏家にくらべて

楽譜も音もわからないのに

好きなバンドの難しいソロを完コピして

楽しそうに弾いている青年の方が、

よっぽど音楽を奏でている

と思える場面にも遭遇する。


芸術の音楽も必要だけど、

本来の湧き出るような音楽をバカにしてはいけない。


日本の音楽教育は偏りすぎていて

本来の音楽が出来ていない演奏家も多い。


実際、プロから見て上手!という演奏家と

素人から見て上手!という演奏家が違う。

絵や写真も、その世界に入ると分かる難しいこと・・・

でもやっぱり、一般の人に「すごい!」って言ってもらいたい。


コンサートに足を運ぶ聴衆が少ない昨今、

レストランでBGM演奏をしていても煙たがられる場合もある。

海外の方はスタンディングで聴いて下さり、

ブラボーと拍手を下さる。

この違いは?・・・


聴く耳も育てたい

そうすれば、クラシックをわかって下さる方も増えるはず・・・


これらはあくまで私の意見ですが、

そんな想いを込めて

拍子・臨時記号・音などの音楽を法則化して

ローズウィンドウを作りました。


今回は、見えて聞こえる人が感じるであろう色

その中でも私がイメージするもので作りました。


色の紙を重ねていく順番も

音の法則通りに組み立てていくうちに、

本当にイメージ通りでおどろきました


何か思うところがあれば幸いです☆



スポンサーサイト
↓クリック↓...ありがとう♪


にほんブログ村
from Asako



*当サイト内の画像、
文章などの無断使用、
無断転載などはご遠慮ください。

プロフィール

平田 朝子

Author:平田 朝子
関西で活躍しているフルーティスト♪~Asako Hirata~
兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て、大阪音楽大学音楽学部器楽学科卒業。第9回日本フルート・コンベンション・コンクール アンサンブル部門金賞受賞(第1位)。第51回全日本学生音楽コンクール大阪大会第2位。その他、数々のコンクールにて入選。ラジオ・テレビ出演の他、クラシックをはじめジャズライヴで様々なミュージシャンと協演するなど多方面の音楽ジャンルで活躍。
宝塚笛の会 ヴィオレット リアン のメンバー。
NHK文化センター西宮ガーデンズ教室フルートアンサンブル講師。
JEUGIAカルチャーセンター伊丹昆陽憧れのフルート教室(個人)講師。
フルートアンサンブル「ミリア」の指導者。
Rolandより発売された電子チェンバロのPVに出演。

2009年より、ローズウィンドウの名を全国に広げた第一人者。
ハサミだけで簡単に作れるローズウィンドウを考案。
神戸新聞カルチャーKCC三宮教室ローズウィンドウ講師。
2012年、中国(北京)にある結婚式場のステンドグラス演出を手がける。
2016年、第14回DKGAP神戸天才アーティストに入選(ユネスコデザイン都市)ホテル ラ・スイート神戸にて3ヵ月の作品展示。
2011年秋冬号より、フェリシモ出版手作り雑貨カタログ「クチュリエcouturier」とコラボキット続々発売。
「ステンドグラスみたい!光と色のハーモニーに癒されるローズウィンドウの会」
「Santa Book 2012」
「光と色のヒーリングアート 万華鏡の美しさが広がるローズウィンドウの会」
「咲きほこる花が季節を彩る
六角形のローズウィンドウの会」

北海道【天花地星】よりキット好評発売中!!

*書籍*

・透かし切り絵のステンドグラス ローズウィンドウ(ブティック社)



・海外版

海外版

・ペーパークラフトワークス(ブティック社)共著



・折り紙からはじめるローズウィンドウ

最新記事

検索フォーム

ホームページ

クリックするとホームページへ移ります

本&道具

カテゴリ